高橋きょうすけの

3つの実現

地元で働ける“暮らし方改革”の実現

01地元で働ける “暮らし方改革”の実現

ワーケーション、サテライトオフィスに適している首都圏の人口は増加し、地元経済が活性化され有休資産の利活用も進み、「暮らし方」が変わる。また転勤の無い働き方や副業が当たり前になることで、地元に根付いた人生設計を実現します。

介護や育児をしながら働ける“暮らし方改革”の実現

02介護や育児をしながら働ける “暮らし方改革”の実現

テレワークが進める働き方改革は専門性を重視する「ジョブ型」雇用に移行し、時間と場所の障害のない「成果重視」で働ける環境になる。 介護や育児がキャリア断絶を作らない「ワークライフバランス」を実現します。

定年の無い社会の実現

03定年の無い社会の実現

健康寿命が伸びていく中、年齢に依存した雇用システムは急激に変化を遂げています。 更にコロナ禍で加速した多様な働き方が、専門性を有するシニアの知見や経験を求める社会に変革しています。これまで培ってきた知識や経験を社会に還元していける、活力あるシニアライフを実現します。

新しい時代を皆さんとともに。自民党